225先物オプション関連の投資商材を徹底検証しています!

外資系の金融機関などで長年ディーラーを務めたプロのトレーダーによる225先物のリアル自動売買 これは楽しそう!!

外資系の金融機関などで長年ディーラーを務めたプロのトレーダーによる225先物のリアル自動売買
内田秀雄の賢者のトレード(自動売買)
内田秀雄の賢者のトレード(自動売買) | fx-on.com
どんなに高い運用益を謳っても「アップダウンの大きいトレード」「納得のゆかない売買指示」では、
受け手のストレスや戸惑いがせっかくのチャンスをつぶしてしまいます。

「賢者のトレード」は、チーフストラテジストに大手の金融機関や投資機関での巨額の資金運用経験を持つ
プロフェッショナル内田秀雄を迎え、過去にない運用の安定感と日々のトレード方針の透明性を実現しました。

自動売買ではパソコンの設定や不具合との格闘と言うストレスがあります。
「賢者のトレード」では全ての会員様のロボットがアスキットのサーバー上で一括管理されているため
そうしたストレスからは解放されます。

各ロボットはいわゆるクラウド環境で準備万端の状態で会員様に提供され、
必要な個人情報や意思表示の設定はパソコンやスマホをリモコン代わりにしてどこからでも自由にできます。

クラウドでは、個別のインストールやメンテナンス、各種の設定と言った面倒な作業がすべて不要です。
システムは24時間稼働しますが、もちろん電気代も不要。

パソコンを毎日24時間連続稼働させる電気代や、あるいは別途VPSサーバーを契約しても月額1000円~1500円ほどの経費が必要ですし、
長時間稼働の管理は思いのほか煩雑です。
クラウド化は投資環境の公平性・平等性も担保できる、個人投資家にとてもリーズナブルな方法です。



ストラテジストの投資判断を多数の会員様に配信・提供すると言うことは、参加するすべての会員様の資産、
つまり多額の資金に影響を与えると言う大きな責任を伴います。

成績の浮き沈みは当然会員様にストレスを与えますが、多額の資金に影響力を持つということは
ストラテジスト自身の大きなストレスとなります。

たとえ伝説的な個人投資家であっても、複数の他人の資金で行う運用はまた別物です。
特に会員制自動売買ではその困難さが顕著にあらわれます。


人間である限り、如何に実績のあるトレーダーであっても会員数の増加や自動売買システムの複雑化で自分を見失い、
ついにはストレスに押しつぶされてゆくと言う例はこの業界では枚挙にいとまがないほどです。

しかしその一方で巨大金融機関で巨額の資金運用を粛々と遂行しているストラテジストやトレーダーも現実には多数存在しています。

その違いは「トレードスキルの専門性」です。
つまり他人の資金を運用すると言う(個人の資産運用とは全く別の)環境では専門的なスキルが必要なのです。


スキルにおいても、更に相場ストレスに対するメンタルの強靭さにおいても、そこにはプロとアマチュアの違いがあります。
ストラテジスト内田のようなプロフェショナルは他人に委託された巨額の資金を冷静かつ合理的に運用するためのルーティーンを
しかるべき環境でしっかり学び身に着けています。


そのストラテジスト内田によると、これからは景気浮揚の勝ち組・負け組の格差の広がりがますます現実味を帯びてくるそうです。
つまり、現在の相場は勝ち組にとっては大きなチャンスだと言うことです。
「賢者のトレード」には「今は勝ち組になる時」と言う明確なビジョンがあります。


景気浮揚のこのチャンスに「賢者のトレード」に乗ってみたい(参加したい)とお考えなら…
この投資チャンネルをご自身の近未来像のプランニングとして捉えてみてください。

「賢者のトレード」で使われる相場観や戦略はストラテジスト内田秀雄のブログで毎日公開されています。
トレードに必要な戦略や方針はブログを見ながら、自動売買の発注状況を追うことで徐々に理解できるようになります。

このように売買方針が透明で、また非常にフェアな環境によってストラテジストと会員様は利害を完全に共有しています。

透明でフェアなしくみだからこそ…、
ストラテジストが日々発信する市場解説や投資戦略を参考にしながらそのトレードスタイルを観察すれば、
市場を理解し、投資を深く学ぶことが出来ます。

月平均26.9万円の運用益を年に換算すると322万円!

これは日経225ミニ10枚を「賢者のトレード(2013~2014のバージョン)」で運用したありのままの結果です。
会員様に推奨した資金(必要準備金)はミニ1枚につき12万円(ミニ10枚では120万円)でしたので、これを元に計算すると、
実に269%と言う利益率になります。

世の中には莫大な利益をうたった投資商品も見受けられますが、浮き沈みの少ない安定運用の長期継続が
いかに重要な意味を持つかは次の計算例で明らかです。

安定運用なら増えた資金で証拠金をどんどん増額し、取引単位を大きくしてゆくと言う運用方法が可能になります。
この点はストラテジストの内田秀雄が過去にファンドの資金運用で実績を積んだ経験から指摘していることです。

このやり方では、仮に運用利益率が現在の「賢者のトレード」の半分以下の100%として計算した場合でも…、
(ミニ10枚として…)一年目の証拠金・120万円が、2年目は240万円、3年目は480万円、4年目は960万円、となり、
5年目に運用できる証拠金は1920万円と言う計算になります。

つまり毎年証拠金を倍にすると言うこの説明用の単純計算でも五年間の運用利益は
3840万円(5年目の証拠金の倍)-120万円(初期投資)で3720万円になるわけです。

いかにトータルの利益が大きくても日々の浮き沈みの大きいトレードでは精神的にも資金的にもこのような運用は不可能です。
「真の利益」とは安定運用よる資金キャパシティの拡大を意味しています。
(ミニでは月の利益12万円ごとに1枚分の証拠金が増えるので、実際には更に大きな数字になります。)


外資系の金融機関などで長年ディーラーを務めたプロのトレーダーによる225先物のリアル自動売買
内田秀雄の賢者のトレード(自動売買)
内田秀雄の賢者のトレード(自動売買) | fx-on.com

関連記事