225先物オプション関連の投資商材を徹底検証しています!

パワースキャル 方向転換して暇なときのみやります

5月の自分で勝手に定めたスキャルピング月間で最も実は期待していたのがこのパワースキャルによる実績。

ところが、全く成績が伸びず逆にマイナス運用となってしまった。

技術の不足というよりも他のデイトレと複合的に取り組んだせいでパワースキャルのマニュアル通りの動きがとれなかったことが最大の原因となっていることが検証の結果判明した。

そこで6月からは本当に余裕のあるときのみ、パワースキャルのみ取り組めるときにのみやるという4月までの方針に戻すことにした。

その結果6月はまだ取引をしていないが、そこまで大崩れすることはないと思う。

なぜならマニュアルそのものはしっかりしていて普通にやっていれば月間でマイナスで終わるなんて言うことはあり得ないような優位性を持っていることを昨年の12月からの取引で証明できているからだ。

スキャルピングが得意な人、もしくはそれに挑もうとしている方には、他のどのFX商材よりもお薦めするマニュアルだ。



以下全成績
2015年5月-205Pips(19営業日)
2015年4月+154Pips(7営業日)
2015年3月+705pips(12営業日)
2015年2月+314pipS(3営業日)
2015年1月+337Pips(3営業日)
2014年12月+470Pips(6営業日)
合計 +1775Pips



関連記事