225先物オプション関連の投資商材を徹底検証しています!

『カモ』募集の件

2017.01.26


≪完全無料≫18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】


カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。
カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。

カモを募集しています。

自分で稼いだ現金を
差し出してくれるカモです。

ニュースでご存知だと思いますが、
この頃、株価がかなり上がっています。

なので、
証券会社や銀行では『カモ』を募集しています。

もしかするとあなたにも

「カモになりませんか?」

という連絡が来ているかもしれません。

ですが、本当に気をつけてください。

ニュースで株高が取り上げられ、
今まで投資に興味が無かった層が
投資に興味を示したところが
大抵の場合は1番高いところです。

「カモになりませんか?」

という、ダイレクトな誘い方をしてくるような、
正直な営業マンはおそらくいないでしょうが、
内心では間違いなくあなたのことを
カモだと思っています。

とはいえ、
日経平均株価はここ1ヶ月で
20%も上げているわけなので、
気になる人も多いはずです。

1ヶ月前に100万円分株を買っていれば
何もせずとも120万円になっているわけですから
ムズムズと気になるのも仕方ありません。

センスのいい人であれば、

「機会損失だった!」

と、感じざるを得ないでしょう。

ただし、先程の言った通りです。

大体の場合、
普通の人が投資に興味を持つと
そこが1番高いところです。

特に気をつけて欲しいのは、
日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙が

『株で一億稼ぎました!』

という普通の主婦の特集や、

『半年で10倍になる株はこれだ!』

という特集を組み始めた時です。

完全に天井です。

なぜこうなるかわかりますか?

それは、
大手証券会社が個人を食い物にして
利ざやを抜いているという事情があるからです。

陰謀論でもなんでもありません。

長期の株式投資の場合は事情が異なりますが、
短期的な売買で利益を上げる場合、
ゼロサムゲームなのです。

ゼロサムゲームとは、
勝つ人が手にする金額と
負ける人が失う金額が
イコールであるゲームのことです。

重要なのは、釣りあっているのが
人数ではなく、金額であるということです。

つまり、10人でゲームをする場合、
1人が勝って9人が負けるということが
ありえるということです。

日刊ゲンダイなどの特集を見て
投資を始めた層がどちらになるか。

すぐに想像出来ると思います。

しかし、一つだけ抜け道があります。

それは、

『大手証券会社の思惑を理解し、
コバンザメのように付きまとっておこぼれを頂く』

という方法です。

かなりださく聞こえるかも知れませんが、
1番確実な方法です。

では、具体的にどうするのか?

簡単です。

元大手証券会社勤務で、
文字通り個人投資家をカモにしていた人に
直接教われば良いのです。

さすがに、

「個人投資家をカモにしていました!」

なんてことは堂々と言えないでしょうが、
実際に行っていたのは事実です。

後悔の念からなのかはわかりませんが、
個人投資家に直接儲かる銘柄を
伝授してくれるサービスを展開されています。

ただし気をつけてください。

儲かる銘柄を教えてもらえるからと言って、
不勉強のまま投資を行うのはNGです。

日刊ゲンダイなどの下品な大衆紙に
煽られて投資を始めた層と同レベルですから。

儲かる銘柄は教えてもらえますが、
必ず自分でも勉強するようにしてください。

「勉強って難しそう」

と思うかも知れませんが、
長期的に稼いでいる投資家は
例外なく勉強しています。

勉強するつもりがないなら、
今の株高相場を指をくわえて眺めておいた方がマシです。

カモにされるのがオチですから。

ですがもし

「ちょっとづつ勉強してみようかな」

と、思うのであれば証券会社の手の内も
個人投資家をカモにする方法も
極めているベテランから学んで下さい。

「自分に投資が向いているかもわからない」

という場合でも、無料で覗き見できるので
まずは無料で参加してみてください。

ついて行けなさそうであれば
潔く身を引けばいいですし、
パッションが芽生えてきたなら
色々と学ぶといいです。

優しそうな顔をしていますが、
数々の個人投資家を食い物にしてきた
本物中の本物です。

コバンザメのようにつきまとってみて下さい。


※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。


※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。
(発行方法|http://kabu-dokan.net/code.pdf)

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。
※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。
※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。

※まずは無料で様子見することをおすすめします。

ちなみに、、、

前回配信した儲かる銘柄は
次の日に14%ほど上がったそうです。

実際の画像はこれ。

http://8775118f817e519e.lolipop.jp/dokan/61761215.png

この画像の1番高いところを買ったのは
日刊ゲンダイを読んだ初心者なのかもしれません。。



≪完全無料≫18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】

関連記事