225先物オプション関連の投資商材を徹底検証しています!

Futures Legend 世界が舞台で面白いマニュアル

先週「これはよい!」とレポートしたFutures Legendだがマニュアルを精査すればするほど面白い。

馴染みやすいように日経での解説をメインに行っているものの、基本的にはどの先物市場でも通用していくであろうシンプルかつ計算された建玉の仕方を教えてくれる。

以下は日経平均先物以外の商品で利益を出した時の内容を許可を得てそのまま抜粋させてもらった。

以下原文そのまま。

 

先週リリースされたFutures Legendは日経平均先物取引をメインに解説していますが、世界のあらゆる流動性のある先物市場で使える優れものです。

昨年末から原油の暴落が話題になっていますが、Futures Legendによる売りサインが始まったのは実に7月11日のことです。

そこからいまだに売りサインのままです。

私が運用しているファンドでは小枚数ながら原油売りを仕掛けていました。

102ドル前半から刻んでいき平均値幅101.90ドルで4セット仕込みました。都合ロールオーバーを6回しました。

1ティック(0.01ドル)あたり10ドルの損益ですから1枚当たり利益56.9ドル=56,900ドルに相当します。取引自他はE-miniで行っていたので、4セット合計でやっとラージ2枚でしたが、これでも10万ドル以上の利益を確定できました。

とったリスクから換算すれば最高にクレバーな取引でした。が、何も原油が下落すると思って私は仕掛けたわけではありません。

単純に金、原油、ダウ、ナスダック、日経、等々に対してすべてにFutures Legendの手法を当てはめサインが出たものはその比率において仕掛けるだけです。

日経平均先物だけに特化してしまうと取引回数が少なくいてつまらなく感じるかもしれませんが、世界に目を向けられるのがFutures Legendの凄みです。

Futures Legendで世界中の先物市場にアクセスしながら更にそのマーケットのオプションにも精通するようになります。

ここまで行ければその辺の偉そうなアナリストたちより実践に強いホンモノの投資家と言っていいと思います。

海外オプションに関しては私もまだまだ勉強中ですから、皆様にいいものがフィードバックできるよう日々鍛錬していきます。

 

私はCFDがあまり好きではないので海外商品が取引できる口座を作ろうと思っている。

ウォッチしていく商品は自分の興味がある流動性のある市場であれば何でもいい。そこにこのマニュアルを当てはめてサインが出たものを自分の資金量によってしっかり割り振って仕掛ければおのずと結果がついてくるようなものに感じる。

引き続きウォッチしていくが大損はできない仕組みが作られているので思い切って取り組んでみたい。


<script type=”text/javascript” src=”http://www.infotop.jp/click.js”></script>
<a href=”http://asuratrade.com/futureslegend/infotop” onClick=”return clickCount(281503, 62199);”><img src=”http://www.infotop.jp/img/banner2_62199.png” border=”0″ /></a>

関連記事