225先物オプション関連の投資商材を徹底検証しています!

「必殺!駆け込みバイナリー」バックテスト可能!FXトレードでの使用も可能!

2016.09.14




この「必殺!駆け込みバイナリー」は、
MetaTrader4ベースのEA(Expert Advisor)です。

FXトレードをされたことがあれば、
無料で使用できるMetaTrader4をご存じだと思います。

デモ口座の開設は無料でできるいうことで、
インジケーターを使ったテクニカル分析をされている方も多いでしょう。

MetaTrader4のチャート上のシグナルを確認して、
手動で発注するためのバイナリートレード用高性能シグナルツールです。

EAはストラテジーに沿った自動売買トレードができるのが特徴ですが、
過去のヒストリーデーターを使用して、
設定したパラメーターでのバックテストができる機能が備わっています。

さらに、パラメーターの最適化作業が簡単に実行できるのが最大の特徴で、
バイナリートレードにおいて、最も重要視すべき過去のシグナル勝率を
確認することができます。

このEAをご提供すると同時に、
シグナルが点灯した場合のバイナリーオプション売買について、
1つのトレード手法をご呈示しようと思います。






バイナリーオプションは+1pipで勝っても、+10pipsで勝っても、
対象オプションの条件を満たせば、清算値は100(売りの場合は0)で同じです。

一方、FXトレードでは、
合計2回のトレードでマイナス10pipsの損失となったとして、

その内訳が1回目に+1pip勝ち、2回目に-10pips負けた場合でも、
勝率は50%となります。

従って、バイナリートレードにとって、
EAのパラメーターを決める最も重要な要素は、
勝率が高いものを選ぶことにあります。

各国内証券会社のバイナリーオプションでは、
2時間ごとに清算時間が到来しますので、
このタイミングで強制決済(自動清算)されることになります。

実は、この強制決済という行為は、
通常のFXトレードではほとんど考慮されません。

すなわち、

FXトレードでは、ポジションの清算時間という概念がありませんので、
保有時間は全く考慮する必要がありません。

従って、

決済まで長い時間をかけることで、
高い勝率を維持することは意外と簡単です。

一方、バイナリートレードは清算時間が決まっていますので、
EAのバックテストで得られる勝率は良くても6割5分程度が現実的となります。

これはどんなシステムも同じことが言えます。

引用するテクニカル指標(インジケーター)には、
決まった時間に強制決済するという要素が含まれていないからです。






このような前提をもとに、バイナリートレードに適用するため、
EAで高い勝率となるパラメーターを求める作業を行いますが、

ご購入いただいた方には、当方が「最適化したセットファイル」を
お渡しすることにしています。

また、「最適化の方法を具体的に解説した動画」もご提供します。

通常の最適化ではスプレッドを考慮した結果を求めることになるのですが、
バイナリートレードの場合はFXトレードで重要なスプレッド(手数料)を
考慮する必要がありません。

すなわち、権利行使価格にはスプレッドは存在しません。

一つの値しかありませんので、EAの最適化の際、
スプレッドゼロでパラメーターを求める必要があります。

この方法も、マニュアルで具体的に解説してあります。


関連記事